月会費を1万円以内に抑えるならここ!~料金別・結婚相談所~

結婚相談所で活動するうえで必ず支払わなければいけない月会費。結婚相談所によって料金はさまざまですが、できることならお安めなところを選びたい!そんな人のために、月会費1万円以内で活動できる結婚相談所をまとめました。

結果に関係なく、必ず支払う月会費が1万円以下の結婚相談所

毎月出ていく金額は1~2万円程度ですが、合計額を考えるとなかなかのお値段になりますよね。

そんな月会費を安く抑えられる結婚相談所があるのを知っていますか?
特におすすめの結婚相談所を3つ、ピックアップしました。

フィオーレ

  • 月会費:4,000円

相手の紹介から成婚まで、総合的にサポートするメソッドコースは4つのプランに分かれています。その中で最も費用がお手頃なのが、「ショートプラン」。月会費4,000円で、12ヶ月活動できます。

サポートメソッドとは、フィオーレ独自のチェックとサポートを徹底した体制のことで、月に1回の定期コンタクトと、3ヶ月に1度の活動レポートを軸に、モチベーションの維持に全力を尽くしてくれます。

活動状況をマメにチェックするだけでなく、必要なサポートを聞いて適切な対応を行うなど、フォローもしっかりしてくれるので安心です。

パートナーエージェント

  • 月会費:7,000円

パートナーエージェントには、専任スタッフが選んだ相手を紹介してくれる「コンシェルジュコース」のほかに、「イベントコース」があります。パーティーをメインに活動するもので、コンシェルジュコース(月会費16,000円)より、ずっと安い料金で利用できます。

パーティーに参加するごとに料金を支払うことになり、成婚料50,000円もかかりますが、気になる相手に自分からアプローチできる積極的なタイプに向いています。

※東京都内限定のプランのため、地方在住の方は申し込みできません。

ロイヤルマリッジ

  • 月会費:7,800円

ロイヤルマリッジのスタンダードコースは、月会費7,800円。登録料は30,000円で、入会金は無料。婚活パーティーや婚活ツアーに特化したロイヤルマリッジならではの特典として、お見合いパーティー1回分が半額になります。

入会から90日間、入会金・登録料・月会費がすべて無料になる「90日間無料体験コース」も実施中!

無料体験コースでも、会員情報のチェックやカウンセラーのサポートを受けられるのでお得です。

衝撃の事実!総額が一番安いのは、あの結婚相談所だった!

【気になるトピックス】月会費が高いほど結婚できる確率も高くなる?

東京にある結婚相談所の月会費の平均は、13,000~14,000円と言われています。
相談所によって、1万円以下のところもあれば、2万円以上のところもあります。なんとなく「料金が高い方がサービスがいい」と感じる人が多く、ハイスペックな男性しか入会できない結婚相談所は女性会員の月会費が相場より高くなっていたり、月に30人以上紹介してもらえる結婚相談所は月に10人紹介してくれる相談所より高く設定したりしています。

でも、それ以上に注目したいのが、成婚に導くサポート体制です。
結婚相談所には主に2タイプあって、希望条件で絞って検索する「データマッチング型」と、専任のスタッフが希望に合う相手を見つけて紹介してくれる「仲介型」があります。
基本的に、データマッチング型はPC・スマホを使って自分で相手を探すスタイルなので、仲介型と比べて料金が安く設定されています。

ここでチェックしておきたいのは、「サポートの有無が婚活の成果に影響する」ということ!
以下は、大手6社の月会費・サポートの有無・「1年以内の成婚率」をまとめたものです。

月会費と成婚率のバランス

月会費が最も安いのは「サンマリエ」の13,500円。
データマッチング型のオーネット、ツヴァイとそれほど月会費が変わらないのに、一人の会員にアドバイザーとコンセイラーの2人体制でサポートしてくれます。

マッチングシステムを使った紹介ではなく、会員同士の相性を見極めたうえで紹介してくれるから、お見合いが成立する確率も、お見合いから真剣交際に発展する確率も高いそうです。
実際、1年以内に成婚に至った確率も93.8%と、ダントツの高さです。

サンマリエの
資料請求はコチラ

結婚相談所は入会するにも、活動するにも、成婚退会するにも、お金がかかります。
なるべく安く抑えたい気持ちも分かりますが、料金が安いだけで、サポートが受けられない場合もあります。
月会費は安いけど、紹介人数を増やすごとに、追加料金が発生するところもあります。
自分が納得して活動するためにも、無料相談などを使って、気になることを直接聞いたり、シミュレーションを作ってもらったりしましょう。

●当サイトが「成婚率」を扱わない理由●

結婚相談所を選ぶとき、「成婚率」の高さで決める人がいますが、相談所によって算出方法が違うことを知っていますか?
例えば、IBJメンバーズの成婚率は55.4%。これは「成婚人数÷全退会者数」で算出した結果です。
パートナーエージェントは「年間成婚退会会員数÷年間平均在籍会員数×100」で算出した結果、成婚率27.2%となっています。
つまり、算出方法によって、いくらでも高く見せることができるので、成婚率だけで相談所を選ぶのはとても危険です。
当サイトでは「1年以内に結婚できる確率」を成婚率として扱っています。これなら、結婚相談所によってバラつきが出ませんし、公平に比較できると考えたからです。